読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

shunkichi’s blog(しゅん基地)

ここは、僕の秘密基地。幼いころにつくったあの秘密基地・・・今作っちゃうと良くない意味でヤバい奴なのでこのブログで作っていきます。

あの日、僕はであって3秒で恋をしてしまった・・・

出会いは衝撃的だった。

 

 

人は、日常の中に、刺激があるとそれは、非日常に感じてしまう。つまり、非日常を感じたければ、日常を過ごしている必要があるともいえる。しかし、日常が何かと言われると、それは、非日常ではない状態であり。刺激とは何かといわれると、それは日常の中に潜むものともいえる。結論、これらは堂々巡りになっていて、まさに出口のない迷路だということだ。

 

 

 

雷で撃たれたような電流が走った。久々だった。あの感覚、感情。

元来、ひとめぼれをする性質ではない。

しかし、まさにあれは「ひとめぼれ」という言葉以外のなにものでもなかった。

 

時は数日前にさかのぼる。

僕はその日、神戸に遊びに来ていた。

 

そうだ。デート♡だ。

 

ウハウハ☆していた。

ウキウキ♪していた。

 

連勤が重なっていた僕は、

久々の休日に身も心も完全にオフモードだった。

 

あーーー最高!!

休みって素晴らしい!!

 

やっぱり、週2働いて、週5は休みたい。

 

 

その日、天候は曇りだった。

自称晴れ男の僕にとっては珍しかった。

 

(このあたりで、うざくなってきたら、読むのをやめた方が得策だ)

 

青空を一ミリたりともみせるまい、と

しているかのような、灰色の雲が空一面に覆っていた。

 

しかし幸い、雨は降っていなかった。

 

ラッキー♪と思うもつかの間、

ある目的地に向かう途中に降ってきた。

 

ポツポツ。。と。

 

頑張れば、目的地に向かうこともできたが、

天気予報を見る限り夜になればなるほど

降水確率は低かったので、寄り道をすることにした。

 

東急ハンズ

 

ご存じの方も多いだろう、あの緑色に手のマークのやつだ。

そこにふらっと立ち寄った。

 

(そういえば、スマホのスタンドが欲しいなー)

 

そう思いながら、店内をうろうろした。

何種類かあったのち、コンパクトでスタイリッシュ?

なものがあったので、それを買うことにした。

 

そして、レジで精算を済ませ。さて、そろそろ出ますか。

と思った時に、呼び止められた。

 

「ねえ。これみて」

「ん?」

何気なくみた、その時・・・

 

 

 

例の雷が落ちた。

 

 

 

 

な、んだこれは~~~~!!!!???

 

 

 

 

 

しばらく呆然とそれを見ていた僕は

すっと、またレジに並んだ。

 

https://www.instagram.com/p/BMBu29ugvgh/