読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

shunkichi’s blog(しゅん基地)

ここは、僕の秘密基地。幼いころにつくったあの秘密基地・・・今作っちゃうと良くない意味でヤバい奴なのでこのブログで作っていきます。

リオの感動をまとめておいた≪其の2(全3回)≫

https://www.instagram.com/p/0-pOYFGzox/

 

どーも、しゅんきちです

 

最近のニュースで、リオの「振り返り」がされてる。

日本人選手が帰還してきてるみたい。

 

メダルとりまくったみたいなので

国の機嫌がいいのかな?

 

 

そういえば....

僕は元陸上選手でした。

種目は、「走り幅跳び」と「リレー」

 

中学生の時から始めて、高校生の終わりまで。

約6年間。

短距離選手なので、距離は走ってないが、

まあ、走った。

 

学校のグラウンド。

近くの山の坂道。

河川敷の広場。

海辺。

路地。

.....。

 

ありとあらゆるところを走った。

今でも、坂道を見ると走りたくなる。

長ーーーーい直線を見ると、走りたくなる。

 

完全に、「病い」にかかっています。

「走りたい病」

 

3世代分くらい、全力で走った。

(よくわからん例え...)

 

とにかく走った。

走りすぎて、前歯欠けたし、夏場は吐いてた。

あ、ゲボゲボってやつ。

(食事中の方、すみません。)

 

ということで、

 

足が速いってカッコいいです。

足が速いは正義です。

足が速いは神。

 

 

しかし、2016年ほど

「足が速い」ことに感動した年はないだろう。

 

 

ボルト

 

 

もはや、神の域だと思う。

人類ではないのではないかと思う。

決勝のレースを見ただろうか?

 

圧勝だった。

100も200も。

圧勝ってやばくない?

世界中から、

「俺、足速いっす。」

っていう化け物たちが集まるレースで

圧勝。

 

やはり人類の領域を超えてしまっている。

ただ、この人、身長などの体格に恵まれている。

子供の頃、天才児やったみたい。

だからと言って、才能だけではない。

 

そこは、やはりプロ。

めちゃくちゃ努力してきたみたい。

 

詳しく知りたい方は、下記を参考にしてほしい。

u-note.me

 

 

ということで....

 

第2位

「男子 4✖️100mリレー」

 

www.youtube.com

 

1走:山縣亮太 選手
  

2走:飯塚翔太 選手

 

3走:桐生祥秀 選手
  

4走:ケンブリッジ飛鳥 選手

 

記録:37秒60 (日本新 & アジア新)

 

 

ボルトもすごいけど、

やっぱり日本人なら、これでしょ。

オーダーは結構、議論がなされていたみたい。

決め手は、ケンブリッジ飛鳥の予選の走りだったみたい。

 

誰一人として、個人では決勝にすら進んでないのに、

4人が揃うと「世界2位」

これは、本当感動。

 

バトン渡しとか、みんな普通に渡してるように見えるけど

これ、死ぬほど練習するんだよなー。

って、昔を思い出す。

 

感動したけど、涙が出るかと言われると

まあ、少し走っている時間が....短かすぎるのかもしれない...。

 

それにしても、すごい。

今、陸上やってる子供たちには、めちゃくちゃ夢がある試合

だっただろうな。

 

ではでは。