shunkichi’s blog(しゅん基地)

ここは、僕の秘密基地。幼いころにつくったあの秘密基地・・・今作っちゃうと良くない意味でヤバい奴なのでこのブログで作っていきます。

君の名は。

君の名は。』、もう見た?
上映始まって、大反響っぽい。
興収60億を突破すると言われている。
映画評価のレビューも「4.6/5.0」ときてる。

なんたって、映像が綺麗。
そして、ストーリーがSF要素たっぷりだが面白い。


声優陣も、今人気の俳優陣が出演してし、RADWIMPSの曲が流れるとなれば、さすがだなと思う。

「流行るべくして流行る。」

仕掛ける側の視点を勉強させてもらってます。


ところで、この映画の原作者でもある
「新海 誠」って何者??

ウィキってみた...

新海 誠(しんかい まこと、1973年2月9日 )は、日本のアニメーション作家・映画監督。本名は新津 誠(にいつ まこと)。
オリジナル映像作品のほぼすべてに英語のサブタイトルを付しており、少年と少女の恋愛をテーマにした作品が多い。代表作とされる『ほしのこえ』『雲のむこう、約束の場所』『秒速5センチメートル』の3作は、いずれも主人公の2人の心の距離と、その近づく・遠ざかる速さをテーマとしたものである。
全作品を通して、風景描写の緻密さ・美しさが特筆される。これについて本人は、「思春期の困難な時期に、風景の美しさに自分自身を救われ、励まされてきたので、そういう感覚を映画に込められたら、という気持ちはずっと一貫して持っている」といった旨の発言をしている。

 

 

他にも数々の賞を取得し、評価を得ている人物。

 

 

うん。すごい。

 

僕がこの人との作品と出会ったのは「雲のむこう、約束の場所」という作品。
その時もアニメではなく小説だった。

あれから数年…

 


また僕はこの人の作品に惹かれてしまっている。

 

リオの感動をまとめておいた≪其の3(全3回)≫

f:id:shunchans:20160826221453p:plain

どーも、しゅんきちです。

 

はい。第1位。

 

今回はサクッといきます。

サクッと。

 

の前に、第3位と2位はなんだったんだ!

という方は、こちらへ。

 

3位

shunkichi.hatenablog.com

 

2位

 

shunkichi.hatenablog.com

 

 

さあ、それではいきましょう。

 

1位

 

 

 

 

www.youtube.com

 

これは、見たことある人も多いはず。

まじで、鳥肌たった。

関西でいう、さぶいぼ がヤバイ

 

もう、ぶつぶつできまくり。

背筋凍るかと思った。

(・・・それは違うか。ってか、意味わからん。。)

 

 

演出すごいよね。

ザ・エンターテイメント!!

 

登場人物、豪華過ぎ。

・クリエーティブディレクターの菅野薫氏

・総合演出と演舞振付のMIKIKO

・チーフテクニカルディレクターの真鍋大度

・PV監督児玉裕一

・楽曲を提供は、中田ヤスタカ氏らチームperfume

君が代編曲は 三宅純さん

椎名林檎の舞台音楽

・小池小百合都知事の和服姿。

キャプテン翼ドラえもん

・キティちゃんにパックマン

・体操選手たち

 

そして、話題は、

・阿部マリオ

 

などなどなど・・・。

 

まあ、日本の各界トップの人たちが

これでもか!くらいの演出を見せてくる。

見せつけてくる。

最先端の技術を駆使してる感がたまらない。

 

綺麗

すごい。

感動

 

って小学生みたいな感想だが。

そんな感じになった。

 

まさに傑作のコンテンツだ。

2度、3度とみてしまうのは、変態だろうか。

 

ではでは。

 

 

 

水晶 梵字 辰・巳 普賢菩薩 パワーストーン ストラップ

 

 PS.

 facebookもやってます。

見てね。

リオの感動をまとめておいた≪其の2(全3回)≫

https://www.instagram.com/p/0-pOYFGzox/

 

どーも、しゅんきちです

 

最近のニュースで、リオの「振り返り」がされてる。

日本人選手が帰還してきてるみたい。

 

メダルとりまくったみたいなので

国の機嫌がいいのかな?

 

 

そういえば....

僕は元陸上選手でした。

種目は、「走り幅跳び」と「リレー」

 

中学生の時から始めて、高校生の終わりまで。

約6年間。

短距離選手なので、距離は走ってないが、

まあ、走った。

 

学校のグラウンド。

近くの山の坂道。

河川敷の広場。

海辺。

路地。

.....。

 

ありとあらゆるところを走った。

今でも、坂道を見ると走りたくなる。

長ーーーーい直線を見ると、走りたくなる。

 

完全に、「病い」にかかっています。

「走りたい病」

 

3世代分くらい、全力で走った。

(よくわからん例え...)

 

とにかく走った。

走りすぎて、前歯欠けたし、夏場は吐いてた。

あ、ゲボゲボってやつ。

(食事中の方、すみません。)

 

ということで、

 

足が速いってカッコいいです。

足が速いは正義です。

足が速いは神。

 

 

しかし、2016年ほど

「足が速い」ことに感動した年はないだろう。

 

 

ボルト

 

 

もはや、神の域だと思う。

人類ではないのではないかと思う。

決勝のレースを見ただろうか?

 

圧勝だった。

100も200も。

圧勝ってやばくない?

世界中から、

「俺、足速いっす。」

っていう化け物たちが集まるレースで

圧勝。

 

やはり人類の領域を超えてしまっている。

ただ、この人、身長などの体格に恵まれている。

子供の頃、天才児やったみたい。

だからと言って、才能だけではない。

 

そこは、やはりプロ。

めちゃくちゃ努力してきたみたい。

 

詳しく知りたい方は、下記を参考にしてほしい。

u-note.me

 

 

ということで....

 

第2位

「男子 4✖️100mリレー」

 

www.youtube.com

 

1走:山縣亮太 選手
  

2走:飯塚翔太 選手

 

3走:桐生祥秀 選手
  

4走:ケンブリッジ飛鳥 選手

 

記録:37秒60 (日本新 & アジア新)

 

 

ボルトもすごいけど、

やっぱり日本人なら、これでしょ。

オーダーは結構、議論がなされていたみたい。

決め手は、ケンブリッジ飛鳥の予選の走りだったみたい。

 

誰一人として、個人では決勝にすら進んでないのに、

4人が揃うと「世界2位」

これは、本当感動。

 

バトン渡しとか、みんな普通に渡してるように見えるけど

これ、死ぬほど練習するんだよなー。

って、昔を思い出す。

 

感動したけど、涙が出るかと言われると

まあ、少し走っている時間が....短かすぎるのかもしれない...。

 

それにしても、すごい。

今、陸上やってる子供たちには、めちゃくちゃ夢がある試合

だっただろうな。

 

ではでは。

 

 

 

 

リオの感動をまとめておいた≪其の1(全3回)≫

どーも、しゅんきちです。

 

リオでのオリンピック終わっちゃいましたね。

僕、今回のオリンピックほとんどみてなかったです。

 

世界中で盛り上がっている最中、

個人的にはインスタグラムがフィーバーしてました・・・。

 

今更?

それは自覚してます。。。

でも、フィーバーしてるのだから、仕方ない。

 

www.instagram.com

フォローよろしくです。

 

 

さて、話をもどす。

 

そんなに見てなかったオリンピックですが、

感動してたこともあります。

 

 

ということで・・・・・

 

 

リオ感動場面、ベスト3~~!

 

第3位

サッカー男子決勝

ブラジルvsドイツ

www.youtube.com

 

以前の対戦成績からして、ブラジルが勝つと予想する人が多かったようだ。

その理由のひとつとして、このリオ五輪に対しての「意気込み」が

両者まったく違ったからだ。

 

「絶対勝ちたいブラジル」

「教育の場にしているドイツ」

 

この違いは大きいのではないだろうか。

 

まずブラジル・・

続いてドイツ・・

  • 全体的に将来を期待されながらも現在は「売り込み中」の選手たちが中心

  • 選手層がサポートに徹している印象となっている。

  • トーマス・ミュラーマリオ・ゲッツェといったOA枠選手だけでなく、ジョシュア・キミッヒ、ユリアン・ドラクスラー、レロイ・ザネといった23歳以下の選手たちも招集できなかった。

     

これらの差からみても、両チームの市場価値には、およそ2倍もの差が開いている。

若さも実力もそろっているブラジルが勝つことは、これだけで容易に予想がつくことだろう。

 

では、なぜ引き分けで終わってしまったのか・・

要因は2つあったのかもしれない。

しかし、結果的に、サッカーの神様はブラジルに味方したのは、ご存じの通りだ。

www.youtube.com

 

いやーーー

感動した。

ハイライトだけで泣けるよね。

ネイマールの精神状態どうなってるんだ??

って思うけど、ひたすらに敬意しかない。

 

ってことで、

ちょっと長くなりそうだったので、2位以降は次回へ。

 

ではでは。

 

 

 

お城?ホテル?アート?-大阪の舞洲がアツい-

 

https://www.instagram.com/p/BJd_mudgWxu/

大阪大阪市此花区 広さは約220ヘクタールの人工島。

それは「舞洲」。

 

ここは、企業の物流センターや青果センターなどが多くある場所。

近くには、今や大人気スポットである「USJ」がある。

また「舞洲スポーツアイランド」という公園も広くあり、BBQや夏フェスや各種イベントが催されている。

野球場やテニス場もしっかりあるので、スポーツ目的で行かれたことがある方も多いのかもしれない。

 

今年は、ここ舞洲で、

僕の会社主催で

BIKINIFES(公式HP:http://bikini-fes.com) っていうのもやってる。

....ちゃっかり宣伝すみません。

今月末にやってるので、夏の最後の思い出作りに良かったら是非ご参加下さい。

 

 

 

話はそれたが、

そんな場所にある不思議な建物。

実際みたら、よりわかっていただけますが、異様も異様な雰囲気。

 

日本珍百景にも選ばれてるんじゃないかな?

bqspot.com

 

「舞洲工場」と言われる場所。

 

いわゆる、「ゴミ処理場」

周りの建物が少ない場所だけに異様な雰囲気を醸し出している。

 

誰が作ったんだ?

って調べてみたら、税金じゃぶじゃぶ使って作られてるみたい。

デザインは、フリーデンスライヒ氏って人が手がけたみたい。

それ誰??僕が無知なだけで、すごい人っぽい。

フリーデンスライヒ・レーゲンターク・ドゥンケルブント・フンデルトヴァッサー(Friedensreich Regentag Dunkelbunt Hundertwasser、1928年[1]12月15日 - 2000年2月19日)はオーストリア芸術家画家建築家。本名はフリードリヒ・シュトーヴァッサー(Friedrich Stowasser)。

日本では「フンダートヴァッサー」「フンデルトワッサー」という呼び方も多く用いられる。日本語での号は姓を直訳した「百水」。色鮮やかな外見、自然と調和した建築でよく知られる。〜Wipediaより〜

 

ちなみにここ、一般の人も中に入れるみたい。

 

ここ↓↓から予約できるっぽい。

舞洲工場の見学について - 大阪市・八尾市・松原市環境施設組合

 

大阪に住んでる人でも、

「こんなところあったんやー」ってなることもある場所。

 

夜になると、さらに異様さはMAXになるみたい。

 

PS.

ポケモンGOやってる人によると「レアポケモン」がゲットできるのだとか....

あの「ラプ○ス」とか。